比較を行って納得のいく家づくり|快適マイホーム発見隊

親から援助をもらう

住宅地

名古屋の不動産買取希望者は、多くの場合、親が一定の援助を行います。そして名古屋の不動産買取の際の特徴は、親が資金を援助するだけでなく、物件の選定に関して、かなり意見を言い、強い影響力を持っていることです。 実際に不動産買取を行ってその物件の居住する人も、スポンサーでもある親の同意がなければ買取を行えないパワーバランスにある事が多いですから、その物件を見学する際も親が同行してくるケースが大半です。従って、売り手からすれば、見学の際に親が同行している場合は、買取希望者本人は勿論ですが、その親に物件の良さをいかにアピールするかが売却が実現するか否かに大きな影響を及ぼすという前提で、対応することが重要なのです。

キーマンとなる買取希望者の親世代ですが、名古屋において、この世代はまだまだ戸建てに対する思い入れが強いです。また、名古屋は中古物件にはシビアな土地柄ですから、築浅でも中古の戸建は建物の価値はかなり低く見積もられますし、築年数が15年を超えるようであれば、建物の価値は無いものとみなして、できるならば更地にした上で売った方が不動産のプロでない人たちには自分たちが、あるいは自分の子供たちが建てる家のイメージを浮かばせやすくなります。この傾向は特にキーマンである親世代には強いです。 一方、マンションに関しては、キーマンである親世代が戸建てへの思い入れが強いだけに、名古屋で中古マンションを売却するのはかなり厳しい環境であることを念頭に置かねばなりません。そのマンションならでは、周辺の戸建てでは得られないメリットをキーマンである親世代に特に強く訴えられるような事前準備が必要です。 このように、名古屋での不動産買取の意思決定のキーマンは購入希望者の親であることを前提に売却者は売却プランを作ることが大切です。