比較を行って納得のいく家づくり|快適マイホーム発見隊

大切なこと

様々なビル

不動産物件を売却するにあたって、少しでも高く買い取ってもらうために必要なことは、まず物件相場感を確認するための情報ルートを確保することです。それも複数必要となります。 これは、不動産買取業者によってその後の販売ルートが異なるため、業者ごとに買取査定額が大きく異なるためです。 不動産業者の販売ルートは、大きく2つあります。自社で販売する、もしくは、メディア掲載等した後に他社に転売(他社経由での斡旋含む)するパターンがあります。この場合、後者の方が流通コスト(仲介業者の手数料など)がかかるため買取額が相対的に低くなります。前者の場合でかつ当該物件を探しているお客様を抱えているような場合は、通常の相場感よりもかなり高く売却できる可能性があります。

物件売却にあたって、不動産買取業者とのコンタクト手順をお伝えします。 まず、Web検索にて、「不動産買取」「不動産売却」などで検索すると、簡単に物件査定見積もりをすることができます。複数業者への一括見積もりができるサイトもあれば、直接見積もりできるものもありますので、いくつか組み合わせて見積もりすることが重要です。同時期に短期集中で見積依頼・登録することをお勧めします。季節の変わり目などには大幅に相場感が変わることもありますので、できるだけ同条件で物件の相場感を確認するためです。 見積依頼をすると、即日もしくは数日以内に連絡がきます。メール上で大凡の相場感の連絡がくることが多いですが、近郊で過去に買取物件の実績が少ない場合には相場感提示がない場合があります。いずれにしても実物件を営業担当が確認後、査定することになります。 最後にどこに不動産買取業者を選定するかは、複数社選定後、実際に営業担当にあってみてどこがより高く売却してくれそうか確認することです。 このように不動産買取にあたっては、いくつかステップを踏む必要がありますが、査定額が大きく変わることもあるため、入念に検討する必要があります。