比較を行って納得のいく家づくり|快適マイホーム発見隊

購入のポイント

沢山のオフィスビル

名古屋の中古の不動産買取価格は、築2〜3年程度の築浅物件であったとしても新築で売り出された際の価格の2割引きが相場観となります。それだけ名古屋においては中古物件に対してシビアな見方をするということです。 その際にキーマンになっているのが、実際に購入して住む人ではなく、その親です。多くの場合、名古屋の不動産買取は親が子供に資金援助をします。その分、親は子供の不動産買取に関して、かなりの部分で影響力を持っています。そのため、親がその物件の不動産買取に納得をしないと、なかなか契約に至りません。そして親世代は戸建を好む傾向があります。 ですから、中古物件が戸建の場合、あまり無理に中古で売るよりも、土地を売る事に専念する方が売り安いですし、マンションを売る場合はマンションの戸建と比較した利便性の高さという観点で親を説得する方が有効です。

名古屋で不動産買取価格を想定する際は、一つはその物件の新築時の売り出し価格が基準になります。特にマンションは、今日では新築時の発売価格の情報はWEBなどを通じて、何らかの形で購入を検討する人が入手することが可能な情報です。 そして、合わせて検討するべきなのが周辺の新築物件の不動産買取価格です。周辺の同じ程度の延べ床面積の物件の新築相場と比べて2割引き程度が、相場観になるからで、そして、売主にとっては自らが新築で購入した時よりも、売る時点で周辺相場が上がっていれば、売主が新築で購入した際ではなく、売り出す時点での周辺相場が優先されるからです。 ですから、中古物件以上に、周辺の新築物件の情報収取が大切なのです。